FC2ブログ

Latest Entries

当ブログへようこそ!! 13期元気会ブログへの参加方法

短かい文章でも結構ですから、気軽にコメントをお書き込み下さい!
① 記事へのコメントの読み方 記事の一番下の帯の右側にある「コメント:×」をクリックすると、その記事へのコメントを読むことが出来ます。 
トップ画面左側目次欄の「最近の記事へのコメント」をクリックしても、コメントを読めます。

② 記事へのコメント書き込み方法   
下の「続きを読む」をクリックして説明の続きをお読み下さい。

三田村近況報告 2020.1.14

三田村近況報告 2020.1.14

(三田村日誌から転載)

一昨年の『雪虫』の稽古中(6月)から放射線治療の後遺症がひどくなり、左アゴが腫れ、左下の歯が抜けはじめました。治療方法が無いということで、この公演で役者引退を決意しました。が、北海道東部胆振地震で北海道公演が延期になり、浅草九劇公演のみになりました。

そして、昨年1月には8月30日〜9月5日の札幌公演・登別公演が決定。三田病院歯科の担当医と相談、アゴの手術はその公演が終わってからということになり、さまざまな抗生物質を1年間飲み続け、なんとか9月5日までの登別公演を終えることができました。

北海道と芝居の効果でしょうか、終わってみると治療方法が無いと言われていた骨髄炎ですが、左下の奥歯が抜けたところやアゴの内側からピンクの歯茎が再生してきました。そして、アゴを切って繋ぐ手術は見合わせることになりました。

しかしその一方、外アゴの骨はくさり続けて、暮れにはなんと残っていた下の歯7本のうち、5本がいっぺんに抜けてしまったりと……!

この半年間、一喜一憂というか、毎日毎日口の中の状態が違い、顔が大きく腫れたりほっぺに骨が出てきてしまったりと、役者引退したくない気持ちと、どんどんブサイクになっていく顔と、下口から漏れる空気とよだれ!!

痛みからは薬のお陰でずいぶん解放されてきましたが、入れ歯を作ろうと型をとり、出来上がる頃になるとまた口の中の型が変わってしまうという繰り返しで、入れ歯は未だにできておりません。



昨年の暮れ頃、やっと決心がついて決めました。

とりあえず1,2年休業。入れ歯を作り、発声からやり直し、万が一キチンと滑舌ができて、そのとき身体がついてゆけたらまたやる。引退宣言はしないことにして休業、リハビリ生活をしようと。

これは誰彼に言っているのではなく、自分自身に言っております。いわば、ジジイの一人言です。

そんなこんなで年賀状も一枚も書かずに新年を迎えたら、昨日まで〝お身体の具合いかがですか?〟という賀状がたくさん寄せられ、ついにこのブログを書くに至りました。

生きてます! 細々と!

ご心配心よりありがとうございます。



2020.1.14 三田村

セレソ・ローサ(Cerezo Rosa薔薇色の桜)

本記事は2008年12月13日に公開された記事の再掲載です。下のコメントもお読み下さい。

先日、「東京キューバンボーイズ演奏会」を聴いて、久しぶりにラテン音楽の世界に浸ってきました。 演奏プログラムの途中にあらかじめ時間を取って、指揮者から ①チャ・チャ・チャ(少年時代) ②マンボ(上を向いて歩こう) ③ボレロ(イエスタディ) ④サルサ(風になりたい) ⑤サンバ(夜空の向こう)等、なじみのある曲目を演奏しながらラテン・リズムとラテン楽器の解説・紹介があり、多様なリズム楽器の存在を知り勉強になりました。 後日、小林標著「ラテン語の世界」(中公新書)の中の「西脇順三郎氏のラテン語詩」の項を読んでいたとき(正しくは見ていたとき)、rosa「薔薇」の発音に触れているところがあり、聴いてきたばかりのセレソ・ローサを思い出しました。

演奏された曲目はマンボ・ナンバー・ファイヴ(Mambo No.5)、ビギン・ザ・ビギン(Begin the Beguine)、ブラジル(Brasil)、マイアミ・ビーチ・ルンバ(Miami Beach Rumba)、キサス・キサス・キサス(Quizas Quizas Quizas)、ベサメ・ムーチョ(Besame Mucho)、マイ・ショール(My shawl)、セレソ・ローサ(Cerezo Rosa)等々15曲ほどでした。 ほとんどの曲は、一度は聴いたことのある懐かしい曲ばかりでした。 この中から冒頭のトランペットの奏法が印象的な、それゆえ記憶に残っている「セレソ・ローサ」を紹介したいと思います。 原曲は、「バラ色の人生」などを書いた作曲家ピエール・ルイギと作詞家のジャック・ラリュが、1950年に書いたシャンソン「バラ色のさくらんぼの木と白いリンゴの木」。 イヴェット・ジローやアンドレ・クラヴォーの歌でヒットし、1955年、マンボの王様ペレス・プラードがマンボに編曲し、同年の米国映画「海底の黄金」の主題曲にも使われ、一躍世界的なヒット曲になったとのこと。

東京キューバンボーイズは1949年、初代のリーダー、故見砂直照(みさごただあき)氏が結成したラテン音楽の楽団が母体、見砂直照の死後、元キューバンボーイズのメンバーの協力を得て2005年に再結成した。 現在のリーダーは見砂和照(みさごかずあき)氏で創始者の次男。 旧楽団は、戦後30数年にわたり、日本のラテン音楽界はもとよりポピュラー音楽界にまで多大な影響を与えてきた名門のラテンバンドです。

それでは今回の東京キューバンボーイズの演奏ではありませんが、下記URLをクリックして「セレソ・ローサ」ならびに原曲(30秒の試聴)をお聴きください。   
 (2組 鎌田)
 
http://jp.youtube.com/watch?v=l046iVQTBwY(ペレス・ブラード楽団:セレソ・ローサ)

アンドレ・クラヴォーの歌で「バラ色のさくらんぼの木と白いリンゴの木」
http://frenchpops.net/40/claveau_cerisier_rose_et_pommier_blanc.html
編集部注:上記の二つのURLは現在削除されています。

藪医者の遠吠え  PAMとヘイトスピーチ

PAMといってもほとんどの人は何のことか分からないだろう。私も実は名前を聞いたことがあるだけで、それほど詳しくは知らなかった。
 先日テレビの番組で1995年に起こったあの地下鉄サリン事件の報道番組を見て思い出した。PAMとはサリンのような有機リン系薬剤中毒の中和剤である。PAMはほとんど使うことがない薬剤なので作れば作るほど赤字になる。住友化学が有機リン農薬を作っていたのでグループ会社の住友製薬がグループの義務と考え製造していたようである。
あのサリン事件の際、多くの地下鉄の乗客がサリン中毒となり聖路加国際病院などに運び込まれた。心停止の状態の患者も多く、最終的には聖路加国際病院に640人が受診したと記録されている。聖路加国際病院の救急担当医は初め何の疾患かかなり戸惑ったようである。前年起こった松本サリン事件で患者を診察した、信州大学医学部の柳沢信夫教授らのアドバイスもありサリン中毒と断定した。しかしこのサリン中毒の治療に必要なPAMは、聖路加国際病院にはこの時20人分の量しかなかった。そこで救急担当医がPAMを扱っている名古屋の薬品卸会社の「スズケン」に電話し、急いでPAMを届けてくれるよう依頼した。すると「スズケン」のMR(medical representative医薬情報担当者)が名古屋市内のPAMをかき集め新幹線に乗り、静岡などの途中の停車駅でその地区のMRからその地域で集めたPAMを受け取り、230人分のPAMをかき集め聖路加国際病院に運んだそうである。最終的に13名が死亡し、約6300人が重軽傷を負った。

下の続きを読むをクリックして、続きの文章をお読み下さい。

「百人一首 平安の雅に浸る」第二回持統天皇


百人一首 平安の雅に浸る                         2.持統天皇

春すぎて夏来にけらし白妙の 衣ほすてふ天の香具山

歌の拡大解釈: ここ藤原京から東を望むと、天から降りてきたと言い伝えられる、天の
香具山が見えます。私は昨日まで春の花々に囲まれ、その姿をいつくしんできました。今
日ふと気がつくと、春が足早に歩み去り、夏が来ているような気配を感じました。あの天
の香具山に、夏の風物詩である白妙が干され、まぶしく光っているのですもの。

作者と歌の背景: 持統天皇(じとうてんのう)は天智天皇の皇女で、父の弟・天武天皇の
后となりました。古代とはいえ、彼女ほど壮絶な骨肉の争いを経験した人は少ないでしょ
う。父・天智は彼女の祖父・蘇我倉山田石川麻呂を殺害。彼女も夫とともに実弟の弘文天
皇を自害に追い込みます。夫・天武の死後は、我が子の草壁皇子を皇位に就けようと、実
姉の子・大津皇子を抹殺するなど、持統天皇は鉄の女として波乱万丈の一生を送りました。

出典の『新古今集』で、この歌は持統天皇作とされています。しかし、持統天皇は歌人と
して無名であり、残された歌も少なく、また過激な人生経験と照らしてみても、この歌の
たおやかな味わいは持統天皇に似つかわしくありません。一方、『万葉集』には「春すぎて
夏来たるらし 白妙の衣ほしたり天の香具山」という、読人知らずの歌が載っています。

こうした経緯から、『万葉集』の歌が持統天皇歌にすり替えられたと考えられています。ま
た、元歌の「来たるらし」から「来にけらし」、「ほしたり」から「ほすてふ」への詠み替
えは、数百年も昔の歌を、定家が現代風(鎌倉時代風)に添削したとみなされています。

〔令和新時代の一人百首〕

天の香具山に誓いし持統女帝の決意をよめる まこと
白妙のころも血に染む誰ゆえに 鉄女(わたし)が示す国の未来(ゆくすゑ)

2020年1月(下):孤独を生きる
鳥だって見かけが命。あの狂暴なハトが平和のシンボルだなんて…。
2 第二回_DXB6003H W

文:6組・林+写真:1組・桐村

久楚辞の漫筆録 第20回 「左利き」

10組の担任、尾尻先生の随筆集の第20回です。
20-1 左利き 2019 11 23

続きを読む」をクリックして続きをお読みください。

20-2 左利き 2019 11 23
10組 長沼

芸術的な蕎麦猪口に感動

昨年の年末に、桐村君(1)からメールがあり「浅井君の作品が、公募展に当選し、
展示されるヨ」とのこと。 浅井君(南高定時卒)は、オレの小学校からの幼友達で、
彼は定年後、陶芸の様々な賞を獲得するなど陶芸家として実力を発揮しています。

今回の公募展は“蕎麦猪口”に特化したモノで、蕎麦猪口って、ざる蕎麦等の
冷たいお蕎麦のツユを入れるアレ。 形も単純だし、色も藍色や白のさり気無い
ものばかり。 あんな単純なモノ(失礼)が、どのような芸術味を帯びるのか
興味が湧き、展示会に行ってきました。

展示会場は、世田谷にある“平成記念美術館”。 高品質で拘りの建築で知られ、
何度もグッドデザイン賞を受けている平成建設の社屋の中にありました。

受付の女性に案内され、展示室へ。 公募作品は、内外から多数寄せられ、
その内の優秀な作品の125点が、大変見やすい形で展示されていました。
“蕎麦猪口”と言えば“陶器”としか頭にありませんでしたが、陶器のほかに、
金工、漆芸、ガラス工芸等多岐にわたっていました。 半分ほどの蕎麦猪口を
夢中で観て回っていると、有りました、在りました。 真っ白なボデーで、
口縁には小さな赤い点が連なっている浅井君の蕎麦猪口です。 この蕎麦猪口で
お蕎麦を啜ると、これ迄とは全く違った世界を味わえるように感じました。
浅井君の白い猪口 浅井君の白い猪口

ふと、上の棚を見ると浅井君の奥様(奥様も陶芸家)作品が…。 お二人の
蕎麦猪口が仲良く上下に並んでいるのを観て、笑ましく感じました。
奥様の練込み猪口 奥様の練込み猪口

オレは、自分で蕎麦を打つこともあり「この蕎麦猪口で、蕎麦をすすったら…」
と想像しながら各作品を1つ1つ丁寧に鑑賞していたら、2時間近くも在廊して
しまいました。

そうして、芸術的蕎麦猪口を眼福した後は、駅近くの蕎麦屋で、冷酒を軽く
飲(や)ってから、美味しい天婦羅セイロを手繰って帰りました。 但し、出てきた
蕎麦猪口は何の変哲もない、藍染めの蕎麦猪口でした。

蕎麦猪口1 蕎麦猪口2 蕎麦猪口3

 (写真;桐村 1組  文;長沼 10組)

Appendix

プロフィール

札幌南高校を1963年に卒業した13期東京同期会の仲間の交流の場として2006年12月に開設



★編集部へのご質問等のご連絡は左側サイドのずっと下の方にある「編集部宛連絡メール」欄をご利用下さい。

元気会雑談サロン

ちょっとした情報提供やお知恵拝借など気楽な意見交流の場です。
アンダーラインのある記事タイトルをクリックすると、記事本文を読めます。
投稿済の記事への感想等はタイトルをクリックしてお書き下さい。
新しい投稿記事は「投稿する」欄をクリックしてお書き下さい。
ずっと下の方にある「仲間のHPへのリンク欄」に読みやすい大活字版の元気会雑談サロンを設けています。写真の投稿もオーケーです。

最近の記事へのコメント

投稿記事への読者の感想等コメントを、新しい順に10本表示します。 タイトルをクリックしてコメントの文章をお読み下さい。 悪戯コメントと見当がついた場合は黙殺・無視して、文中のURLにさわらないようにして下さい。
2019年12月末現在の収録記事本数は2376本です。

最新記事一覧

当ブログへようこそ!! 13期元気会ブログへの参加方法 Jan 01, 2025
三田村近況報告 2020.1.14 Jan 24, 2020
セレソ・ローサ(Cerezo Rosa薔薇色の桜) Jan 23, 2020
藪医者の遠吠え  PAMとヘイトスピーチ Jan 21, 2020
「百人一首 平安の雅に浸る」第二回持統天皇 Jan 19, 2020
久楚辞の漫筆録 第20回 「左利き」 Jan 16, 2020
芸術的な蕎麦猪口に感動 Jan 13, 2020
都庁展望台 Jan 11, 2020
脚本家山田太一氏の近況 Jan 08, 2020
「百人一首 平安の雅に浸る」第一回天智天皇 Jan 05, 2020

記事・コメントの検索

過去のたくさんの記事やコメントから興味深い記事・コメントを探してみましょう。
検索したい語句(1つ)を四角い空欄の中に入力して「検索」をクリックして下さい。表示される見出し一覧の日付欄をクリックすると記事全文が表示されます。

全部の記事を調べる方法

過去の全部の記事を表示する

上の行の「過去の全部の記事を表示する」をクリックしていただくと、札幌南高13期東京同期会ブログの全部の記事のタイトル等見出しが新しい順に表示されます。興味のある記事タイトルをクリックすると、記事全体が表示されます。

記事の月別分類

読みたい月をクリックして表示される見出し一覧の日付欄をクリックすると、その日の記事全文が表示されます。
 

編集部宛連絡メール

ご意見・ご質問などお待ちしています。 ブログ等のインターネット利用技術の相談もお受けします。

送信者の名前:
送信者のメールアドレス:
件 名:
本 文:

当ブログの閲覧者数

アクセス・カウンターの数字にカーソルを合わせるとアクセス・グラフが表示され、直近8日間の閲覧人数がわかります。