FC2ブログ

Entries

「百人一首 平安の雅に浸る 」 28.源宗于朝臣

山里は冬ぞさびしさまさりける 人めも草もかれぬと思へば

歌の拡大解釈: 山里とは、そもそもが寂しく侘しいものだ。それでも、春には桜が咲き、秋には紅葉(もみじ)が色づき、心を和ませてくれる。ところが冬になると、訪ねてくる人もかれ(離れ)、草木もかれ(枯れ)はててしまう。そう思っただけで、身も心も凍るばかりに冷え込んで、寂しさ侘しさがつのるばかりだ。

作者と歌の背景: 作者の源宗于(みなもとのむねゆき)は、祖父が光孝天皇、父がその第一皇子・是貞親王で、臣籍に降下して源姓を賜りました。由緒正しい家柄とあって、位階は従四位下からスタートしましたが、亡くなったときが正四位下と40年ほどで従から正へ二階級昇進したにすぎず、天皇の孫としては寂しい一生を送った印象が拭い切れません。

この歌は山里の冬の寂しさを詠っていますが、宗于には宮仕えがあり、山里に住んでいたとは思えません。出典の『古今集』には「冬の歌とてよめる」とあり、山里での生活を想って詠んだ歌のようです。宗于は当初こそ天皇に近侍する武官でしたが、その後は相模守や信濃守など地方官を歴任するなど、地味な役職に終始しました。

平安中期に成立した歌物語の『大和物語』には、宗于が昇進の遅いことを宇多天皇に嘆き訴えた話が長々と綴られています。それが事実だとすると、この歌も昇進をそれとなく訴えているようにも、また自分の不本意な生涯を振り返った歌のようにも思われ、宗于の心情が心に迫ってきます。

〔令和新時代の一人百首〕

皇親貴族ながら官位の不遇を嘆いた宗于の心情を偲びて まこと
わびずまいたづぬる人もかれぬれば 鹿なく声にわれを重ぬる


2021年2月(下):ゴースト・オブ・ア・チャンス(ほのかな望みもない)
人は誰でも輝く一瞬があると言う。人生80年、もう待てない。早くしてくれ!

百人一首 28回W 01072021

文:6組 林+写真:1組 桐村



関連記事

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://minami13.blog.fc2.com/tb.php/2836-c4c02b11
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

札幌南高校を1963年に卒業した13期東京同期会の仲間の交流の場として2006年12月に開設



★編集部へのご質問等のご連絡は左側サイドのずっと下の方にある「編集部宛連絡メール」欄をご利用下さい。

元気会雑談サロン

ちょっとした情報提供やお知恵拝借など気楽な意見交流の場です。
アンダーラインのある記事タイトルをクリックすると、記事本文を読めます。
投稿済の記事への感想等はタイトルをクリックしてお書き下さい。
新しい投稿記事は「投稿する」欄をクリックしてお書き下さい。
ずっと下の方にある「仲間のHPへのリンク欄」に読みやすい大活字版の元気会雑談サロンを設けています。写真の投稿もオーケーです。

最近の記事へのコメント

投稿記事への読者の感想等コメントを、新しい順に10本表示します。 タイトルをクリックしてコメントの文章をお読み下さい。 悪戯コメントと見当がついた場合は黙殺・無視して、文中のURLにさわらないようにして下さい。
2021年3月末現在の収録記事本数は2646本です。

最新記事一覧

13期元気会ブログへの投稿とコメントの出し方 Jan 01, 2035
とぼとぼと馬車馬のごとくー20                       渡米前 Apr 17, 2021
久楚辞の漫筆録第五十三回 他者への寛容さ Apr 14, 2021
長沼町の丹頂鶴 Apr 12, 2021
中島公園界隈(12) Apr 09, 2021
百人一首 平安の雅に浸る 31.坂上是則 Apr 06, 2021
薬樹院の太閤桜 Apr 03, 2021
久楚辞の漫筆録:第五十二回 家系図 Mar 31, 2021
黄砂に霞む満月と桜 Mar 30, 2021
早春の午後 Mar 29, 2021

記事・コメントの検索

過去のたくさんの記事やコメントから興味深い記事・コメントを探してみましょう。
検索したい語句(1つ)を四角い空欄の中に入力して「検索」をクリックして下さい。表示される見出し一覧の日付欄をクリックすると記事全文が表示されます。

全部の記事を調べる方法

過去の全部の記事を表示する

上の行の「過去の全部の記事を表示する」をクリックしていただくと、札幌南高13期東京同期会ブログの全部の記事のタイトル等見出しが新しい順に表示されます。興味のある記事タイトルをクリックすると、記事全体が表示されます。

記事の月別分類

読みたい月をクリックして表示される見出し一覧の日付欄をクリックすると、その日の記事全文が表示されます。
 

編集部宛連絡メール

ご意見・ご質問などお待ちしています。 ブログ等のインターネット利用技術の相談もお受けします。

送信者の名前:
送信者のメールアドレス:
件 名:
本 文:

当ブログの閲覧者数

アクセス・カウンターの数字にカーソルを合わせるとアクセス・グラフが表示され、直近8日間の閲覧人数がわかります。