fc2ブログ

Latest Entries

13期元気会ブログへの投稿とコメントの出し方

1. ブログへの記事の投稿方法  
南13期ブログ係という投稿窓口宛(※)に原稿や写真をメール送信して下さい。 写真に一行のコメントという投稿も立派な記事なので、お気軽に。
※ブログ係のメールアドレスは、左側の欄外にある編集部宛連絡メールを利用して、お問い合わせ下さい。 後ほど、担当者からご連絡致します。

2. コメントの読み方と書き方
短かい文章でも結構ですから、気軽にコメントをお書き込み下さい!
① 記事へのコメントの読み方 記事の一番下の帯の右側にある「コメント:×」をクリックすると、その記事へのコメントを読むことが出来ます。 
トップ画面左側目次欄の「最近の記事へのコメント」をクリックしても、コメントを読めます。

② 記事へのコメント書き込み方法   
下の「続きを読む」をクリックして説明の続きをお読み下さい。

 アンドロイド・スマホをデジタル音楽プレイヤーとして使う方法

 
1. 最近は、アンドロイド・スマホを、ウォークマンのように、オフラインでデジタル音楽プレイヤーとして使って、音楽を楽しんでいます。

デジタル音楽プレーヤー2
ネット接続していないアンドロイド・スマホで、音楽プレーヤーアプリVLCでmicroSDメモリーカード収録の音源ファイルの音楽を聴くわけです。
  最近は、古いアンドロイド・スマホやタブレットを音楽プレイヤーとして、Bluetooth接続したワイヤレス・スピーカーで音楽を楽しんでいます。

2.iPhoneにはマイクロSDカードは入りませんが、アンドロイド・スマホはマイクロSDカードを装着でき、マイクロSDカードの容量は余っていることが多いのに着目した利用法です。

3.システム稼働の負担が軽くてスマホが熱暴走しないので、この利用法は古いスマホやタブレットの活用方法になります。
・ネット接続不要で外出先で気軽に音楽が聴けます。
・WIFIが無い病院や介護施設でスマホを音楽プレイヤーとして使うことができます。
 (応用編としては、音楽や落語の音源MP3ファイル入りmicroSDメモリーカードを作成してお見舞いに使うことができます)
・古い機器の電池が弱ければ、充電しながら聴くこともできます。


(続きをクリックして後半をお読み下さい)

高校時代にタイムスリップ~最終回(1963年)

(この記事は2007年4月の記事の再掲載です。下のコメントもお読みください)

‘63年(昭和38年)は、我々13期の高校時代の最終章! 年明けには、大学合格でヒト安心のヤツ、就職が決まってノ~ンビリの人、3ッ目4ッ目の受験を控え、最後の追い上げで、正月ドコロで無い気分の方も多かった?…よネ。
4月からは、上京して大学一年生、社会人新一年生、一浪ガックリ生で、新しい人生に挑戦! そして、コノ年の一番の流行歌は「高校三年生」、正にオレ達の人生と同時進行で、この世に生まれた《歌》! 今や、我々13期の集まりのフィナーレには、必ず歌われる「我々の愛唱歌」になってま~す。
明日(4/29)は、柳川君(8組)の「高校三年生」の舟木一夫にまつわる話を掲載します。 乞う、ご期待!
そして、コノ年の11月に、待望の宇宙中継が実現。 その宇宙中継で、アメリカから飛び込んで来たのが“ケネディ暗殺さる”のビッグニュース! まさに、エポックメイキングな出来事でした。

覚えてるべか?あの頃の事。  今回は、1963年(昭和38年)版を掲載します。 「今にして思えば…」って云う想い出がありましたら、下の「COMMENT」をクリックして、ナンカ書いてみませんか!
20070428094318.jpg


※「~その1」3/4、「~その2」3/29、「~その3」4/23に、掲載してあります。 この文章の右側にある索引の中間程にある「カテゴリー」の「編集部便り」クリックすると見れるヨ。

「テレビ年表」  現代用語の基礎知識 1994年版別冊付録より
                       (編集部 記)

森の妖精 レンゲショウマ

何て可憐な花のでしょう~~

森の妖精

俯き加減に咲くスズランも可愛いけれど 手に取って ゆっくり眺めてみたいです。

キンポウゲ科の多年草で、細長い花茎を伸ばし、約3~4cmの下向きの花を付けます。御岳山では、

御岳山駅下車徒歩2分ほどの斜面に5万株ほど群生しており、日本随一の規模と言われています。

群生してるなんて 凄い景色でしょうね。人里離れた奥地に生育してるかと 思いましたが駅から近くにあるなんて!!

でしたら私でも行ける!!来世の楽しみが増えました。

  (9組 早見記)

60年代のポスター(13)

37.007は殺しの番号2
(37)007は殺しの番号    1962/10/5 監督:テレンス・ヤング
記念すべき007シリーズ第一作であるが、誰もヒットすると思わず、札幌では東映劇場の地下<東映パラス>に、配給会社が三拝九拝して入れて貰った。ところが、これが大ヒット、二作目からは日本劇場で上映され、東映パラスは見向きもされませんでした。
38.007ドクター・ノオ
(38)007 ドクター・ノオ
1972年に『殺しの番号』が再公開された時改題されたが、そもそも原題が『Dr.No』であった。

39.続・座頭市物語2
(39)続・座頭市物語     1962/10/2 監督:森一生
『座頭市物語』一作目が公開された時、ヒットすると思っていたのは、恐らく勝新太郎だけでは無かったかと推測しますが、これが大当たり。以後、次から次と作られ、大映の倒産を少し遅らせました。


(井口記 6組)

解体・徒然草  兼好法師:乱世を生きる知恵と胆力 3

為政者の心構えとは 2

虚偽の証言から心の奥底を読む

雅房大納言(まさふさのだいなごん:鎌倉時代中期の公卿、土御門雅房)は学識が豊かで政務も堅実なことから、上皇さまは近衛府の長官への昇格を考えておられた。ところが、上皇さまのお側に仕える者が、「たった今、あってはならないことを見てしまいました」と訴え出た。なんと、「雅房卿は飼っている鷹に餌を与えようと、生きている犬の足を斬り落としたところを、垣根の隙間から見てしまいました」と言うのだ。上皇さまは雅房卿をうとましく、憎く思われ、いつになくご機嫌を損なわれ、昇進が見送られた。

学識・人格ともに優れた雅房卿が、鷹を飼っていたのは意外だったが、生きた犬の足を斬り落としたとの話は事実無根だった。そのような虚偽の証言で昇進が阻まれたのは不憫なことだが、雅房卿をうとましく、また憎く思われた上皇さまのお心は、尊いと言えよう。およそ生き物を殺す、傷つける、闘わせて楽しむような人間は、畜生と同類だ。すべからく鳥獣から小さな虫に至るまで、その生態を観察すると、子を思い、親を慕い、夫婦は相和してはいるが、時にはねたみ、怒り、欲張って、我が身を第一に、命を惜しむさまは、彼らがひらすら愚かで分別がなく、人間よりも直情的だからである。そのような生き物に苦しみを与え、命を奪う行為は、不憫以外のなにものでもない。すべての生きとし生けるものを見て、憐みの心をもたないものは、人間とは言えまい。(第128段)

(注)上皇:雅房が大納言の時代は、亀山、後宇多、伏見、後伏見の上皇がおり、誰であるかは不明。

分別のない牛に罪はあるのか

徳大寺の右大臣(公考:きんたか)殿が検非違使(けびいし:当時の警察組織)の長官であった頃、私邸中門の廊下の一画にある細長い部屋で、会議が行われていた。ある時、官人・中原章兼の牛車を曳く牛が、牛車だまりから抜け出して、役所の中に入り込み、あろうことか長官の御座所に上がって、食べ物を反芻しながら寝そべってしまった。あってはならない重大事件だとして、牛を陰陽師のところにつれていくべきだと、役人たちが口々に申し立てた。

それを長官の父・太政大臣徳大寺実基(さねもと)殿がお聞きになり、「牛に分別などあろうはずがない。足があるのだから、どこに上がり込もうと不思議ではない。小役人の痩せ牛を没収したところで、どうにもなるまい」と、牛を持ち主(中原章兼)に返してやり、牛が伏せた畳を取り替えただけで一件落着となった。その後、不吉なことはなにも起こらなかった。(第206段)

【徒然草の舞台裏】

透けて見える兼好の処世術
第128段は、学識・人格ともに優れた雅房大納言の昇格が、上皇側近者の誤った進言により無に帰されたという逸話です。生きている犬の足を斬り落として鷹の餌としたという虚偽証言は、たとえ悪意がなかったとしても、証言者である上皇の側近者は罰せられてしかるべきでしょう。また、側近の進言を安易に信じた上皇も、有能な人材の登用を阻んだとして、人々の心にわだかまりを残したと考えても不思議ではありません。

しかし兼好は、雅房卿をうとましくまた憎く思われた上皇の心情に共感し、動物の心情は人間と変わるところがなく、彼らに苦痛を与え、命を奪う行為は、不憫以外のなにものでもない、と動物愛護論を展開します。さらには、「生きとし生けるものを見て、憐みの心をもたないものは、人間とは言えまい」と仏教の慈悲の心を引き合いに出して、上皇を擁護し称賛します。

法師である兼好が慈悲の心を説くのはわかります。しかし、虚偽の証言で昇進が阻まれたのは不憫なことで決着したのでは、疑わしきはすべて罰することが正義となり、それでは雅房卿が不憫です。兼好がなにゆえ上皇の肩を持つか、謎は深まります。

一方、第206段は、牛車だまりから逃げ出した牛が、検非違使庁の長官御座所に上がり込み、食べ物を反芻しながら寝そべってしまったという逸話です。対応に当たった役人たちは、牛を陰陽師のもとへ連れて行き、どう対処すべきか占ってもらうべきだと主張します。陰陽道が広く信じられていた当時としては、理にかなった主張です。

ところが、太政大臣の徳大寺実基は、「牛に分別などあろうはずがない」と役人たちの訴えを退け、牛を持ち主に返してやり、御座所の畳を取り替えただけで、決着させます。陰陽道を信じる役人たちは不安にかられ、不満が残ったに違いありません。しかし、兼好は「その後、不吉なことはなにも起こらなかった」と、徳大寺実基の決断に賛意を表します。

うがった見方かも知れませんが、この二つの逸話から、兼好のしたたかさが透けて見えるのではないでしょうか。二つの逸話で兼好は、当時の人々の常識からは外れた為政者(上皇と太政大臣)の行為を、巧みに擁護し喝采を送っています。これも乱世を生き抜く兼好の処世術のひとつだったのではないでしょうか。

兼好は遁世した30代から東国に赴き、鎌倉の名士たちとの交流を深めます。40代になると二条派の歌人として活動し、都でも知られる存在になり、『徒然草』を執筆します。その後、50代からは打ち続く戦乱をよそに見て、上流貴族や権力者たちとの交流に情熱を注いでいきます。70年におよぶ兼好の人生を俯瞰すると、この第128段と第206段は、50代以降を貴族社会で生き抜いていくための、基本姿勢だったように思えます。

Tsurezure Photo-Word Session 03

海が運んできた幸運と悲運

兼好が生まれた13世紀後半、日本は二度も、海を越えて攻め込んできた蒙古軍の脅威にさらされた。いずれも神風(台風の襲来)という幸運に恵まれ、侵入を阻止したものの、鎌倉幕府は徐々に衰退し滅亡へと向かっていった。

14世紀の西欧では、マルコ・ポーロの「東方見聞録」に刺激を受け、東方貿易による巨額の富がヨーロッパを潤した。だが、交易品と共に海を渡って来た黒死病が蔓延し、花の都・フィレンツェの人口が3分の1にまで激減した。

そして21世紀、7つの海をめぐるクルーズ船ツアーが人気を呼ぶなか、寄港地・横浜を起点に新型感染症がいっきに拡大。日本は100年ぶりのパンデミックに襲われ、2020年以来4年近くも社会・経済が大打撃を受け国民生活が疲弊した。

地球表面積の7割を覆う海は、古来より人・文化・物資の往来をうながすと同時に、犯罪や疫病の到来をも容易にした。愚かな人間のせいで、歴史は何度となく同じ過ちを繰り返す。そのたびに海は怒り、清濁のすべてを飲み込んでしまう。

第03回 DXB0185NH 波 W

文:6組・林+写真:1組・桐村

春の鳥

例年、桜が咲く頃の10日間位は桜を撮りに出かけています。

但し、最近は桜よりも集まって来る鳥に関心があり、特に鳥が動いている時に撮ることにしています。

その場所は概ね決まっており、木の高さがそれほど高くない場所、人があまり集まらない場所、鳥が集まってくる場所で

結果的には三か所くらいを見つけています。

写真 1: ヒヨドリが飛んでいる時に下から撮っています。綺麗に揃った羽が良いです。

春の鳥 1

写真 2: ヒヨドリが枝に止まろうとしている時です。
春の鳥 2

写真 3. ヒヨドリが正に飛び立った瞬間です。
春の鳥 3

写真 4 : メジロが二羽で追いかけっこをしている時です。
春の鳥 4

写真 5 : 名前は分かりません。メジロと思って撮ったのですがどうも様子が違います。
春の鳥 5

今回紹介した写真を撮った場所ではないのですが、撮りやすい場所は海洋大学の近くにあります。

かつてM君が居たこともある場所で、学生食堂が一般に開放されるときもあります。一度、学食で彼を偲びながら学生気分を味わってみようと思います。

メジロを撮った場所は桜と源平桃(京都のNさんに教わった名前です)の低木が並んで立っている場所で、例年は二本の木が同時に満開になります。

スズメ、メジロ、ヒヨドリ、ウグイスが集まって大騒ぎをしており、写真も撮りやすい場所で気に入っています。しかし、今年は例外で桜は咲きましたが源平桃は咲かず、

その後咲きましたが花は少なく、すぐに散ってしまいました。

(1組 桐村記)

Appendix

プロフィール

札幌南高校を1963年に卒業した13期東京同期会の仲間の交流の場として2006年12月に開設



★編集部へのご質問等のご連絡は左側サイドのずっと下の方にある「編集部宛連絡メール」欄をご利用下さい。

元気会雑談サロン

ちょっとした情報提供やお知恵拝借など気楽な意見交流の場です。 アンダーラインのある記事タイトルをクリックすると、記事本文を読めます。 投稿済の記事への感想等はタイトルをクリックしてお書き下さい。
新しい投稿記事は「投稿する」欄をクリックしてお書き下さい。 ずっと下の方にある「仲間のHPへのリンク欄」に読みやすい大活字版の元気会雑談サロンを設けています。写真の投稿もオーケーです。

最近の記事の標題

新しい順に10本の記事のタイトルを表示します。 タイトルをクリックすると記事を読めます。

最新記事一覧

13期元気会ブログへの投稿とコメントの出し方 Jan 01, 2035
 アンドロイド・スマホをデジタル音楽プレイヤーとして使う方法 May 17, 2024
高校時代にタイムスリップ~最終回(1963年) May 14, 2024
森の妖精 レンゲショウマ May 11, 2024
60年代のポスター(13) May 08, 2024
解体・徒然草  兼好法師:乱世を生きる知恵と胆力 3 May 05, 2024
春の鳥 May 02, 2024
高校時代にタイムスリップ~その3(1962年) Apr 30, 2024
訃報 上西昭彦君(2組)ご逝去の連絡 Apr 29, 2024
面白かった本 : 「海辺のカフカ」 村上春樹 Apr 27, 2024

記事・コメントの検索

過去のたくさんの記事やコメントから興味深い記事・コメントを探してみましょう。
検索したい語句(1つ)を四角い空欄の中に入力して「検索」をクリックして下さい。表示される見出し一覧の日付欄をクリックすると記事全文が表示されます。

全部の記事を調べる方法

過去の全部の記事を表示する

上の行の「過去の全部の記事を表示する」をクリックしていただくと、札幌南高13期東京同期会ブログの全部の記事のタイトル等見出しが新しい順に表示されます。興味のある記事タイトルをクリックすると、記事全体が表示されます。

記事の月別分類

読みたい月をクリックして表示される見出し一覧の日付欄をクリックすると、その日の記事全文が表示されます。
 

元気会ブログ閲覧者数

カウンターの数字にカーソルを合わせると、最近1週間の閲覧人数がわかります。

編集部宛連絡メール

ご意見・ご質問などお待ちしています。 ブログ等のインターネット利用技術の相談もお受けします。

送信者の名前:
送信者のメールアドレス:
件 名:
本 文: